FC2ブログ
 
■プロフィール

北の大地

Author:北の大地
FC2ブログへようこそ!



予約宿名人





これがなければ始まりません。



お小遣い稼ぎに最適ですよ!



Info-Cash


懸賞・小遣い ちょびリッチ

使うとさらにちょびポイントがたまる。ちょびリッチクレジットカード!年会費無料



お得なポイント貯まる!ECナビ

新規モニター登録



マクロミルへ登録

ポイントサイト「ポイントインカム」

検索するだけでポイントGet出来ますよ!!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■FC2アフィリエイト
■FC2ブログランキング
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

■フリーエリア

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
野球憲章と高野連の指示は偉大なんですね。
高野連が今日迄に全国の高校野球部へ野球の特待生の有無を報告するよう指示しておりました。

今日中に報告すれば夏の甲子園予選出場は認めるという高野連からの条件付きの指示だから出て来るは々の状況でした。

334校が特待制度を認め報告してきました。甲子園での優勝経験校が多かったのは言う迄もありません。

中には今現在進行中の春の大会を途中出場辞退迄する高校も現れ大きな混乱を招いている地域も出てきました。

東京・大阪・茨城・広島からは報告が上がっておりません。強豪校がひしめく都府県だけに「実は・・・・」なんて事にならなければと思います。

それにしても昔から野球留学なるものが罷り通ってそれを親の負担だけで出来ないだろうなと言う予測は高野連側もしていて目をつぶっていた様に思われてなりません。

事の発端は西武(だけでは無い?)の裏金問題で専大北上高校が廃部に迄追い込まれた事でした。

高野連側は現行の野球憲章を変える気は毛頭無いときっぱり言い切りました。裏を返せば高額な入学金と授業料を負担出来る子息だけが名門校へ行きなさいと言っている様なものです。

プロ野球予備軍と化した甲子園名門校へ行かせる親の負担は並大抵の事では無く特待制度が無かったら金の卵がどれだけ埋もれて日本の野球のレベルダウンに繫がっていたか計り知れません。

他のスポーツでは特待制度が認められている現在「野球憲章」の見直しを検討しようともせず権限だけを行使する「高野連」の存在は野球離れを助長する何物でも無いと思わされた次第です。

今日楽天のマー君が2勝目を上げました。彼の出身高校(駒大苫小牧高校)も特待制度があった事を報告しました。

素直に喜べない1日でした。

昨日の歩数:4773歩 打ちっ放しに行ったから良しとしましょう。
スポンサーサイト





テーマ:日記 - ジャンル:アフィリエイト

高校野球 | 23:50:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する