FC2ブログ
 
■プロフィール

北の大地

Author:北の大地
FC2ブログへようこそ!



予約宿名人





これがなければ始まりません。



お小遣い稼ぎに最適ですよ!



Info-Cash


懸賞・小遣い ちょびリッチ

使うとさらにちょびポイントがたまる。ちょびリッチクレジットカード!年会費無料



お得なポイント貯まる!ECナビ

新規モニター登録



マクロミルへ登録

ポイントサイト「ポイントインカム」

検索するだけでポイントGet出来ますよ!!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■FC2アフィリエイト
■FC2ブログランキング
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

■フリーエリア

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
常葉学園菊川の監督は29年前のヒーローでした。
昨日で選抜高校野球も終わりました。

東海決戦になった決勝戦は本当に良い試合でした。

昨秋の東海地区優勝の常葉学園菊川が逆転で大垣日大を6-5で退けました。

さすがにかつての野球王国静岡代表の意地を見せました。

敗れた大垣日大はやるだけの事はやった充足感が悲壮感を漂わせませんでした。希望枠出場での初めての決勝進出は天晴れでした。

名将阪口監督の負けても選手を称える姿に胸打たれました。

監督同士の比較では大垣日大の阪口監督ばかりが目立って放送され報道されておりました。

しかし常葉学園菊川の森下監督は29年前の選抜高校野球で優勝した浜松商の主将だったのです。

つまり選手としても監督としても優勝経験を積みました。今日の朝刊でその事を初めて知りました。

しかし29年前の浜松商が優勝し主将インタビューで森下監督が未だ17歳の少年だった時の勝因は?の質問に対して「チームワークです!!」と言った清々しさを思い出した。

長打力も無く怪物君もいなかった浜松商があれよあれよという間に優勝していたので印象に残っておりました。

高校野球の原点を見た思いをしました。その考えが今回の選手に決して諦めない精神力を植えつけたのだと思います。

一昨日の歩数:4592歩
 昨日の歩数:4048歩
スポンサーサイト





テーマ:日記 - ジャンル:アフィリエイト

高校野球 | 23:42:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する